Current Projects

Evolution of life histories in response to rapid climate change
急速な地球温暖化にともなった生活史の進化

We are using long-term demographic monitoring of rare, long-lived plants in England and the United States to assess how sprouting and flowering behavior in these species is likely to change under realistic predictions of climate change over the next 85 years.

希少で長命な草本植物の長期個体群動態モニタリングをすることで、地球温暖化によって植物が受けた進化的な影響について研究しています。現在、対象としている調査地はアメリカとイギリスです。これまで受けた影響を計測し、100年後に個体群動態がどのように変化するか、どのような特徴が進化するかという予測研究に取り組んでいます。


Evolution of mycoheterotrophy
菌従属栄養における光合成の進化的な喪失

Why have so many plants evolved away from photosynthesis, to parasitism of mycorrhizal fungi? We are working in Japan, France, and Estonia to understand the reasons, using both non-photosynthetic, mycoheterotrophic plants, and typically photosynthetic plants capable of living non-photosynthetically.

ある植物種は光合成をしなくても、菌根菌に寄生することで生存できるように進化しました。なぜこのような進化が起きたかという疑問に答えるために、シェファーソン研のメンバーたちは日本、フランスやエストニアなどで、光合成を必要としない植物と菌従属栄養植物に関する研究をしています。


Adaptive dynamics of sprouting
草本植物の芽吹きに関する適応動態

Why can so many photosynthetic plants live for years as rootstock with photosynthesizing? We are working with species around the world to address this question, with both micro-evolutionary methods such as adaptive dynamics, and macro-evolutionary methods such as assessing phylogenetic character evolution.

様々な草本植物種は、何年も地上に芽を出さず地下部分のみの形で休眠する傾向を持っています。なぜこのような現象が起こるのでしょうか?私たちは各地で小進化と大進化的な調査研究を行うことによって、このダイナミクスの解明を目指しています。


Evolution of mycorrhizal communities and specialization
菌根群集の進化と特殊化

Plants are typically dependent on mycorrhizal fungi for mineral nutrition. Some plants obligately depend on mycorrhizal fungi, even for their energy. Yet, these specialists are rarely if ever specialized on just one mycorrhizal fungal species. What determines the breadth of the mycorrhizal interaction, and why do plants and fungi interact with the partners that they have? We use plants from around the world to answer this question, but are particularly focused on understanding the lady's slipper orchids (Cypripedioideae).

植物は通常、菌根菌という菌類に依存することで栄養を得ています。多くの植物では、この共生関係は必須です。植物と菌根菌との共生関係にはどのような要因が関わっているのでしょうか?この問いに答えるために、様々な植物種を使って研究していますが、最近はアツモリソウとその近縁種に注目しています。


Past Projects (Still on the Agenda...)

Genetic and environmental drivers of plant demography
遺伝的要因と環境要因が植物の個体群動態に与える影響

Why do plant populations vary in how their demography responds to climatic variation? How does the genetic composition interact with environmental factors to determine population dynamics? We work with herbaceous perennials around the world to answer this, particularly with Plantago lanceolata and Plantago asiatica, as well as several orchid species.

気候への植物個体群の反応の仕方には、なぜ違いがあるのだろうか?遺伝学的特徴と環境要因にはどのような相互作用があり、個体群の動態が決定されるのだろうか?私たちは多年生草本植物(特にオオバコとその近縁種など)に注目し、さまざまな気候が個体群に及ぼす影響について研究を進めています。


Mark-recapture methodology for dormancy-prone perennials
休眠する多年生植物の標識再捕獲法による個体群統計学的研究

Herbaceous plants may not move away from where they are rooted, but they can still be difficult to find, especially if they do not need to sprout every year. We have developed numerous methods for estimating demographic parameters, such as survival/mortality and stage transition probabilities, in the face of such difficulties.

草本植物は移動することはありませんが、年によっては休眠し芽を出さないことがあります。このような休眠は、植物を長期個体群モニタリングする際の大きな妨げとなります。その問題に対応するために、私たちは標識再捕獲法など、さまざまな統計学的な解決方法を開発しています。


The Shefferson lab is committed to novel research on themes in ecology and evolution. These are some themes that we have covered, and continue to cover.
シェファーソン研のメンバーは、多くのトピックについて革新的な研究を進めています。その中のいくつかを以下に紹介します。


Tweets by Richshefferson Tweet to @Richshefferson